情報ネット

楽しい情報を紹介しております。

    カテゴリ: 動物


    危険生物「赤いクワガタ」要注意 生息域が拡大、体液でかぶれ
    危険生物「赤いクワガタ」要注意 生息域が拡大、体液でかぶれ
    触ると水ぶくれなどの症状を引き起こす昆虫「ヒラズゲンセイ」が京都や滋賀で生息域を広げている。四国など温暖な地域で見られた種だが、生息域が年々北上して…
    (出典:科学(京都新聞))



    (出典 seztrend.com)



    【『ヒラズゲンセイ』「赤いクワガタ」要注意】の続きを読む


    【セレクトセール当歳】リオンリオンの半弟アゲヒバリの2019は2億1000万円
    日本最大の競走馬のセリであるセレクトセール2019(主催 一般財団法人日本競走馬協会)の2日目が9日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで始まった…
    (出典:競馬(スポーツ報知))



    (出典 www.keibanomiryoku.com)



    【『セレクトセール』日本最大の競走馬のセリ】の続きを読む


    「猫」と「パンダ」の意外と多い共通点
    「猫」と「パンダ」の意外と多い共通点
    …ップをするようです。パンダそっくり?!その名も“パンダ小町ちゃん”♪黒×白猫の中でも、特に目のまわりの模様がパンダを思わせるパンダ小町ちゃんは、見た目…
    (出典:ライフ総合(ねこのきもち WEB MAGAZINE))



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    【『白猫』「パンダ」の意外と多い共通点】の続きを読む


    全米で大ブレイクした「永遠の子猫」、その人気の理由がゲノム解析で見えてきた(動画あり)
    全米で大ブレイクした「永遠の子猫」、その人気の理由がゲノム解析で見えてきた(動画あり)
    …ヒムもそのひとりだ。その子猫とは、インターネット上で「永遠の子猫」として大ブレイクした、リルバブ(Lil Bub)という名のネコである。それは2014…
    (出典:科学(WIRED.jp))



    (出典 img.hmv.co.jp)



    【『永遠の子猫』リルバブ(Lil Bub)という名のネコ】の続きを読む


    中国のAI研究者ら、パンダ識別のための顔認識アプリを開発
    中国のAI研究者ら、パンダ識別のための顔認識アプリを開発
    中国の人工知能研究者らは、パンダ(飼育されているパンダと野生のパンダの両方を含む)の識別を目的とする顔認識アプリを開発した。新華社通信によると、同研…
    (出典:IT総合(CNET Japan))



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    【『パンダ』についてTwitterの反応】の続きを読む

    このページのトップヘ