情報ネット

楽しい情報を紹介しております。


    ©iStock.com
    文春オンライン

    「非実在青少年」の性描写をめぐって

     表現規制問題、という政治的イシューに馴染みのない人もいるかもしれない。かいつまんで言えば法律で漫画・アニメにおける性描写や、「18歳未満『に見える』性描写」を規制していくことの是非を問うもので、オタク界隈では長年、死活的な問題として取り上げられ続けてきた。

     とりわけ大きくクローズアップされたのが、2010年のいわゆる「都条例(東京都青少年健全育成条例)」の改正であった。この条例の中で18歳未満「に見える」非実在青少年=漫画(アニメ・ゲームなどを含む)に登場するキャラクターに性的な描写があれば、都はこれを「不健全指定図書類」(個別包装や陳列棚の隔離、18歳未満への販売禁止が義務付けられる)に指定できる。

     東京都には漫画を扱う出版社が集中していることから、いち地方の条例であっても事実上、日本全国に適用される国会での立法と変わらないとして、漫画業界の自主規制や創作意欲の萎縮が危惧された。

     結局、「非実在青少年」の文言を削除した微修正と付帯決議の付いた改正案が2010年12月に、都議会自民・公明・民主の賛成多数で可決されて現在に至る。この時の都議会は200名弱の傍聴席が異例の満席。可決に至るや否や、傍聴席から反対派による抗議文の投げ入れがあったなど、荒れた様子は、ニュース報道などで記憶に新しい方も多かろうと思う。

     また都条例と合わせて、国政レベルでは国際標準に則した児童ポルノの単純所持を禁止する「児童ポルノ禁止法」の改正案が2014年に成立した。以降、児童ポルノとみなされるDVDなどを単純所持しただけで逮捕される事例は、都度、巷間ニュースになっている。

     児ポ法の改正案には、「児童ポルノ漫画等の規制」の検討が謳われている。ふつう、児童ポルノと言えば実在する児童を性的に取り上げたわいせつなビデオや画像を思い浮かべるだろう。しかし改正された児ポ法は、実在しない児童、つまり漫画やアニメ、ゲームに登場する架空の青少年に対する性描写までも網羅する可能性を排除していない。児ポ法改正反対派のほとんどは、映像の中で児童ポルノとして扱われる児童らの人権侵害については救済するべきである、というまっとうな主張を行っている。しかし、架空のキャラクターに対するそれは実害がないにもかかわらず、これを規制するのは表現の自由の侵害や漫画やゲーム製作者の創作意欲の減衰や萎縮につながりはしないか。この点が危惧されたのだ。

     これらは単なるオタクによるエゴなのだろうか? はたまた日本国憲法第21条が謳う表現の自由の侵害へと発展する、由々しき問題なのか。無関心・中立を貫く多くの人々は、前者に近い反応を採った。秋葉原で抗議のデモなどが行われたことから、表現規制反対派=単なるオタクというステレオタイプの感想を持つものも、私の周辺では少なくなかった。

    『「表現の自由」の守り方』(星海社新書)の著者で、漫画やアニメへの表現規制反対を訴えて2016年の参院選全国比例で29万票を獲得した前参議院議員の山田太郎氏によれば、「1999年に児童ポルノ禁止法が施行された際、日本の書店最大手である紀伊國屋書店が自主規制を行い、店頭から未成年のヌードや性的描写を含んだ漫画が一斉に撤去された」(P.38~39)として、これを「紀伊國屋事件」と呼称している。

     自主規制として撤去された漫画本には、『あずみ』(小山ゆう著)、『バガボンド』(井上雄彦著)『ベルセルク』(三浦建太郎著)があった。私はこの3作品をすべて通読しているが、どこに自主規制の要素があるのか今以って不明である。

     そもそもこの3作品はそれぞれ青年漫画誌であるビッグコミック、モーニング、ヤングアニマルで連載され、読者層は20代後半から50歳位。ベルセルクに至っては舞台自体が架空の異世界なわけだが、ここに裸の妖精などが出てくる描写が「青少年のヌード」等と邪推されであろうか。

     それならば、週刊少年ジャンプに連載されていた『地獄先生ぬ~べ~』(岡野剛著)や、『DNA2』(桂正和著)の方が規制されてしかるべき「未成年のヌードや性的描写」を含んでいるであろう。なにせ「ぬ~べ~」は舞台が小学校、「DNA2」は主人公が高校生で、際どいおっぱい表現や性描写がバンバンあった。なぜあえて「硬派」な青年・中年向けのバガボンドやベルセルクを自主規制したのか、腑に落ちない。一時の現象ではあったが、このような自主規制が小売店で行われたという事実を取ってみても、これらの条例や法律への反対派の動機が”単なるオタクによるエゴ”ではないことは分かるだろう。

    自公民VS社共という対立軸

     都条例においても、児ポ法においても、対立の構造は鮮明である。

     賛成派は都議会自民党、公明党。当初、都議会民主党は反対の姿勢をとったが、審議の過程で「非実在青少年」などの文言が削除され、より規制の対象や種子が明確になったとして賛成に回った。最後まで都条例に頑強に反対したのは、都議会共産党、生活者ネットである。結果、自公民VS社共(リベラル)の対立軸が鮮明となった。

     石原慎太郎都知事(当時)は、2010年の都条例可決を受けて、「当たり前だ当たり前 日本人の良識だよ てめえらが自分の子供にあんなもの見せられるのかね 大人で考えりゃ大人の責任だ(条例の成立は)当たり前だよ、そんなもん」(2010年12月15日 TOKYO MX NEWS)と威勢良い。

     一方、遅れて成立した児童ポルノ禁止法も、結局自民、公明、民主、維新、結いの5党が「単純所持」を禁止する同法改正案に賛成し、可決成立。ここでも反対したのは社共である。

     都条例、児ポ法改正後の、漫画、アニメ、ゲーム等の状況はどうなったのか。実際の検挙事例は実在の児童を対象としたDVDや動画の所持者ばかりである。反対派が危惧する「性描写を扱う二次創作や漫画、アニメ、ゲームなどの表現者が萎縮する」という状況にはなっていない。私の趣味がそちらの方向に向いていないだけで、愛好家からは「法改正以降、やりづらくなった」とのお嘆きがあるのかもしれないが、いち漫画フリークからすると、現行の漫画、アニメの中に、18歳未満(に見える)未成年者の性描写が顕著に減少したという皮膚感覚はあまりない。

     私事で恐縮だが、先日『美少女戦士セーラームーン』の二次創作で、主人公・月野うさぎが「ナニをしてナニをされてナニを以って終わる」という同人誌を読んだ。最近発行されたものらしく実に楽しく拝読したが、月野うさぎは18歳未満(に見える)どころか元来高校生という設定なのだから、都条例や児ポ法を恣意的に運用するとすればアウトである。が、元気に創作されている現状がある以上、反対派が危惧する都条例や児ポ法の際限なき拡大運用というのは、個人的には杞憂という気がする。

     この他にも、またも私事で恐縮だが『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の二次創作で、登場人物の安城鳴子が「ナニをしてナニをされてナニを以って終わる」という同人誌を読んだ。最近発行されたものらしく実に楽しく拝読したが、安城鳴子は18歳未満(に見える)どころか元来高校1年生という設定なのだから社会通念上の常識に照らし合わせれば、これすなわち15歳ないし16歳ということになり完全にアウトだろうが、別段この作者が官憲の手入れを受けたという報道を聞かない。

    唯一記載のあるマニフェストは共産党

     さて、このような都や国政を巻き込んだ表現規制の問題。今般、電撃的に行われることになった総選挙で、各党はどのように考えているのか。結論から言えば、表現規制の問題をマニフェストに書き込んでいるのは日本共産党のみである。解散の決断があまりにも急転直下に行われたせいか、自民・公明・希望・維新の各党はもとより、リベラル派とされる立憲民主党、社民党も表現規制問題には一言も触れていない。

     どころか、漫画・アニメといった日本が誇る文化の育成などといった政策についても、自民党が僅かに「クールジャパン」の文脈の中で触れているだけで、目立ったイシューにはなっていない。やはり2017年衆院選の電撃的な展開が、表現規制や文化政策への関心を、マニフェストから遠ざけたのだろうか。唯一記載のある日本共産党のマニフェストは、次の通り。

    〈「児童ポルノ規制」を名目にした漫画・アニメなどへの法的規制の動きに反対します〉

     簡素なこの一文。たったこれのみである。これすらも、特定秘密保護法や共謀罪への反対、〈第2次安倍内閣の発足以降、各地の美術館や図書館、公民館など公の施設で、創作物の発表を不当な理由で拒否するなど、表現の自由への侵害が相次いでいます〉など、安倍政権への批判という反政権の延長線上で語られているのであり、漫画製作者等の危惧や懸念を内包した提言なのかどうかは疑問が残る。

     安倍政権への信・不信任、消費税増税分の使途、北朝鮮をはじめとする国家国防問題、アベノミクスへの賛否、または憲法改正への是非といった優先順位の高い関心事に比べて、一部のアニメ・漫画オタ界隈より従前から提示され続けてきたとはいえ、表現規制問題はほとんど争点にかすってすらいないと言える。すでに成立・施行されてしまった都条例と児ポ法の「適正運用」を見守る、といったところが現下の反対派の主要な動静であろうか。

    禁制とされればされるほど燃え上がる

     ちなみに、改正都条例も児ポ法もなかった1990年代中盤から後半、中学・高校生だった私は、他の男子生徒がそうであったように性的コンテンツに対し並々ならぬ興味を抱いていた。14、15歳の童貞少年だから、当然同世代の異性は性の対象に入ってくる。

     当時は「女子高生がケータイサイトで援助交際」などがさんざ社会問題とされていた時代で、ほとんど同い年ではないかと思われる異性のあらわな姿や局部が投稿(盗撮)写真として雑誌に堂々と掲載されていた。

     また、まだ黎明期であったネットの世界にも、おそらく18歳未満の未成年キャラクターを主人公とした性描写のある二次創作が溢れていた。社会現象になっていた『新世紀エヴァンゲリオン』。当時の男子学生は、綾波レイ(設定上は14歳――ただしクローン人間のため厳密には異なる)、惣流・アスカ・ラングレー(設定上14歳)、葛城ミサト(設定上29歳)の三大女性キャラクターのうちのどれかの派閥に収斂され、大体、6対3対1、もしくは5対3対2の割合だった。

     私は断然ミサトさん派で、マイノリティだった(当時の私の年齢の15歳上)。しかし14歳の少年が、14歳の非実在青少年の裸を描いた二次創作にハァハァするのは普通のことだと思う。よしんば当時の大人が、綾波やアスカを描いた性的な二次創作に隠れて欲情していたとしても、誰が咎めることができようか。

     表現規制反対派の「萎縮・自主規制」への危惧は現段階ではおおむね問題のないレベルで、些か過大に聞こえるが、人の世というのは禁忌、禁制とされればされるほどますます燃え上がるのは必定なので、やみくもな拡大運用には反対だし、それを僅かにでも論ずる国政政党が今般総選挙において共産党一党だというのは、やや頼りない。

    (古谷 経衡)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『エヴァ』ミサトさん派だった私にとっての漫画・アニメ表現規制!!】の続きを読む


    『蛯名健一』米人気テレビ番組で優勝賞金100万ドルを獲得!!


    ピース綾部いよいよ渡米? エンターテイナーとして勝算はあるのか、NY在住のハリウッド映画俳優に聞いた ピース綾部いよいよ渡米? エンターテイナーとして勝算はあるのか、NY在住のハリウッド映画俳優に聞いた
    …英語がだめ、俳優業がだめとなると、体芸であればチャンスはあると思います。蛯名健一さんなんて、ダンスパフォーマンスであれだけアメリカで有名になりましたから…
    (出典:北米(安部かすみ))



    (出典 uptrendnews.com)



    【『蛯名健一』米人気テレビ番組で優勝賞金100万ドルを獲得!!】の続きを読む


    女子高生・ナース・CAの美脚美女!ストッキングを履いているのはどの女性!?


    20代の女性たちがパンティストッキングを履く理由 20代の女性たちがパンティストッキングを履く理由
    …ミレニアル世代、特に20代の女性が、パンティストッキングを好んで履くようになっている、そんな調査がある。窮屈さは感じないのか、その履き方は?【BuzzFeed Japan / 小林明子】靴を買うとき、…
    (出典:社会(BuzzFeed Japan))



    (出典 d35n75zpqqqtvn.cloudfront.net)


    #パンティストッキング

    【女子高生・ナース・CAの美脚美女!ストッキングを履いているのはどの女性!?】の続きを読む

    このページのトップヘ